お問合せ・ご予約は

0834−33−8864

受付時間 9:30〜12:00
13:30〜18:30
休業日 : 日・月
 
※月曜日以外(火・水・木・金・土)で 祝日の場合は営業いたします。
休日にゆっくりと来院下さい。

鍼灸治療とは

鍼灸は非常に細い“鍼(はり)”や、もぐさを使った“灸(きゅう)”で、体の「ツボ」に刺激をあたえ、様々な疾患・病気の予防・治療を行う東洋医学です。
東洋医学の考え方に基づき、身体のバランスを整え、本来持っている治癒力を引き出した治療を行うため、身体にやさしく、副作用の少ない治療法として、予防医学・アレルギー治療・美容・スポーツ分野など、様々な分野で注目されています。

鍼灸は何に効くの?

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその
科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。


【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー


【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)


【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ


【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防


【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾


【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血


【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎


【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊


【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎


【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい


【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善



健康保険で鍼灸は受けられるの?

灸治療は下記6疾患のみ健康保険を使って治療を受けることが出来ます。


【保険適用6疾患】


●神経痛・・・顔、肩、腰、足など神経に沿って痛む。
       (例)坐骨神経痛、肋間神経痛
●リウマチ・・・手首や肘、膝、足首など、関節が腫れて痛むもの。


●腰痛症・・・腰が痛む、腰が重い。
       (例)ぎっくり腰、変形性腰痛症


●五十肩・・・肩が痛くて腕が上がらないもの


●頸腕症候群・・・頸、肩、腕の痛みやしびれ、だるさなど


●頸椎捻挫後遺症・・・首への外傷、むち打ち症などの後遺症


●その他・・・慢性的な痛みがある疾患で保険者が認めたもの


健康保険を使って治療を受けられる場合、医師の同意書、保険証、印鑑(スタンプ形式不可)が必要になります。


※福祉医療費受給者証、被爆者健康手帳(一般疾病)をお持ちの方の支払いは御座いません。


詳しくは当院までお問い合わせください。

料金

【自由診療】
 初診料:540円
 治療代:3,240円

診療時間について



受付時間一覧
受付時間
  9 : 30 〜 12 : 00  ◯
13 : 30 〜 18 : 30  ◯

※2015年1月より診療時間が変わります。
 9:30〜12:00 13:30〜18:30


要予約
最終受付は18:30となります。
日曜・月曜日は休診となります。


ご予約・お問い合わせは
0834-33-8864