すべての人の
笑顔のために
 

HOME | jmeneki

交感・副交感神経のバランスによって体の機能が調整されています
自律神経免疫療法とは、爪の生え際(井穴というツボ)や全身の経絡に沿って磁気針による刺激を加えることにより、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整え、免疫細胞を含め全身の細胞が正常に働くように調整する施術法です。
新潟大学の安保徹教授と福田医院・院長福田稔医師が、共同で治療体系を構築されました。
例えば、精神的ストレスなどが多いと、交感神経優位の状態になります。その偏った状態が続くと、免疫系に影響をおよぼし、病気になりやすい身体になります。

 
磁気針で刺激すると、痛みの刺激によって急激に交感神経の緊張が高まります。すると、脳幹が副交感神経反射を起こし、副交感神経優位の状態へと変えていきます。
こうして、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態へと、2つのバランスを整えるのです。

【交感神経】 
・活動的に生活している時や、ストレス時に優位。血管を収縮させて血圧を上げ、脈拍、呼吸数を増やす。緊張・興奮している時に活発になる。 

【副交感神経】 
・食後や睡眠時等のリラックス時に優位。血管を拡張させて血圧を低下、脈拍や呼吸数を減少させるが、消化器の活動は活発になる。身体の休息、エネルギーの補充等の働きがある。 

この2つの神経がバランスよく働くことで、身体の様々な臓器が機能する仕組みになっています

1回 6,480円(約60分)